パフォーマンス・コーディネーター 「 ザッキー」 岡田貴仁(おかだたかひと)のご紹介をいたします。

浦安工房 パフォーマンス・コーディネーター誕生! 「ザッキー」

みなさんこんにちは!
上達屋の”ザッキー”です。

私は”スポーツ”が大好きです。
カラダを思い存分に動かし、仲間と力を合わせ、対戦相手にも敬意を持って接することが
できる。スポーツを自分でプレーすることはもちろん、その喜びを伝えたり上達をお手伝
いすることに喜びを感じます。

実は以前「2〜12歳」までキッズスポーツのイントスラクターを務めていました。そこで
は子供たちと一緒に明るく楽しい時間を過ごしてきました。

プレーヤーとしては、だんぜん野球。軟式野球ストロングリーグで「SWBC JAPAN〜クラ
ブ軟式野球日本代表〜」メンバー(捕手)に選ばれプレーしていました。
上達屋のBOSS(手塚一志)との出会いは、この代表チームでのこと。BOSSが、このチ
ームのパフォーマンス・コーディネーター(PC)として関係していたのです。

その後、縁あって上達屋のPCとして働くチャンスにめぐり合いました。その際、BOSS
からかけていただいた言葉は、私の魂に響きました。
『相手なりこそが大切。仲間はもちろん、対戦相手に対してもそう。このPCという仕事
は、自分なりをやめ、相手の生き様に寄り添い、その表情の裏に隠れている痛みや苦悩を
汲み取ることが重要となる。結果に直結する上達メソッドはもうこちらで用意できてい
る。あとはこの”相手なり”を実現できる適正を持った人材さえいれば、たくさんの人た
ちの役に立つことができる。そしてキミはそれをすでに備えている・・・』。

それまで、パフォーマンスコーディネーターという職種があることさえ知らなかった私。
この職業の高いプロ意識を感じると同時に、通常のインストラクターでは終わりたくな
い、スポーツ界の多くの人たちをホンモノの上達メソッドを提供できる人物でありたい・・・
とこの言葉を聴いた瞬間心に決めていました。

道具を使った遊び、ボールを投げること、走ることなどに、まだ喜びを感じることができ
ていないキッズたち。趣味で始めた、ゴルフ、テニス、ランニング、サッカー、野球…で
いまより上達したい大人の方。プロを目指して高い目標を掲げているアスリート予備軍の
選手たち。

みなさんの喜びを大きく育てる方法がこの上達屋にはあります。
上達屋が25年間の選手サポートから開発した【理に適ったカラダの操り方】を習得する
メソッドをぜひ体感してみてください。
そこには新しい自分と出逢える可能性があります。
私はその”きっかけ役”として、良い環境を整えお待ちしております。

浦安工房フェローズのご予約はこちら