手塚一志よりみなさまへのごあいさつ。また手塚一志の書籍情報やサポートアスリート情報をご案内いたします。

野球はもちろん、あらゆるスポーツのトップアスリートの競技力向上のスペシャリスト

手塚一志

代表取締役
パフォーマンス・コーディネーター

手塚一志
1963年、徳島県生まれ。
パフォーマンス・コーディネーター(アスリート技能調整技師)。
池田高校卒業後、大阪体育大、筑波大大学院および東大大学院でスポーツ科学を専攻。
87年より、日本ハム、ダイエー、オリックスのプロ野球各球団でコンディショニング・コーチを歴任。
2011年には東北楽天ゴールデンイーグルスでパフォーマンス・コーディネーターを務める。(球界初)
2015年より理化学研究所客員研究員。
スポーツ科学、生理学、解剖学、力学の知見をもとに、ジャイロボール・シンクロ打法・うねり打法・
クオ・メソッドなど数々のスポーツ技能熟達法を発見・開発・提唱。 野球はもとより、さまざまな競技の
アスリートがそのメソッドを取り入れ、日本スポーツ界の成長に 貢献している。
93年より、メジャーリーガーやプロ選手〜初心者、キッズまで約8000名の会員を擁するアスリートのための
技能上達工房「上達屋(東京・大阪)」を開く。
手塚一志よりみなさまへ

「骨盤力は上達の母」

スポーツ技能上達のカギは、骨盤による全身のコントロール(制御) だと考えています。
きっとそれは、スポーツだけに限った話ではないのでしょう。
ヒトの動作はすべてこのカラダの中心部から生まれ、 リズム・バランス・タイミングを調律し
美しく力強い波となって姿を著し、そしてまたこの中心に戻り収束するのです。

全身をフルに使い切った躍動感あふれる美しいパフォーマンスと 骨盤の働きとは、つねに
連鎖連動しながら影響し合っています。 それはまるで、海の生き物たちが実は遠く離れた
上流の森の恵みに よって育まれている、そんな関係に似ています。骨盤というカラダの中心
部から生まれ波状的に連鎖していく力、 すなわち「骨盤力」こそが、 スポーツパフォーマンス
のそしてその技能を上達させていた“母”なる源流だったのです。

そしてこの「骨盤力」はクオ・メソッドで磨くことが可能です。
クオ・メソッドは、骨盤の操作を動きの要とし、 全身の400の筋肉、200の関節、
200の骨格を連鎖連動させ、 理に適った身体操作感覚を身に付けるための上達方法
です。 「上達屋」を選ぶのなら、まずクオ・メソッドをお試しください。 技と筋力と心は、その後
から鍛えても充分間に合います。 いえこの順番だからこそ、おもしろいようにグングン伸びるの
です。

上達屋は、選手一人一人が「心技一体」となって成長していくこと をお約束します。

手塚一志の書籍

上達屋誕生からこれまでの23年間、手塚一志が手掛けた書籍は28冊、
累計67万人にご愛読いただきました。

〔主な著作〕

○ 肩(ショルダーズ)バイブル (ベースボールマガジン社)
○ ピッチングの正体 (ベースボールマガジン社)
○ バッティングの正体 (ベースボールマガジン社)
○ 魔球の正体 (ベースボールマガジン社)
○ バッティングの極意 うねり打法 (ベースボールマガジン社)
○ 手塚一志の上達道場 ピッチングの巻 (ベースボールマガジン社)
○ 手塚一志の上達道場 バッティングの巻 (ベースボールマガジン社)
○ 骨盤力 アスリートボディの取扱説明書 (ベースボールマガジン社)
○ 変化球習得メソッド (高橋書店)
○ 打率アップメソッド (高橋書店)
○ 球速アップメソッド (高橋書店)
○ 七人のトップアスリートと骨盤力 (キネマ旬報社)
○ ジュニア世代の骨盤力 野球のピッチング (ベースボールマガジン社)
○ ジュニア世代の骨盤力 野球のバッティング (ベースボールマガジン社)
○ バッティング戦略論 (ベースボールマガジン社)

手塚一志の書籍年表

手塚一志&上達屋 サポートアスリート&チーム